流通戦争

かなり古い言葉だが、流通戦争という言葉を思い出した。
今朝のニュースで九州イオンが赤字見通しをさらに超える赤字をだすとの発表していた。
今月イオンがダイエーを統合しダイエーの看板が下ろされたばかり。
思い出すのは、子供の頃九州でも最大手のユニードが実家の近くにあり
高校時代アルバイトもしていたが、
日本で最大手のダイエーが九州進出し、しのぎを削っていたが、
ダイエーに対抗すべく、店舗拡大などのため、資金調達のために
1979年上場したのが、転落のきっかけとなった。
株主に配当のため、赤字を出すわけにいかず、1981年利益率の高い羽根布団などを
フランスベツドと提携し、21億円を売上したが、業績好転せず、
同年巨人ダイエーと統合、1994年完全にダイエーに吸収されユニードの看板は消えた。
ダイエーは郊外に出店しその付近の地価を上げ、それを担保に借り入れしさらに出店するという
拡大路線を突き進んだ、しかしバブルの崩壊による、地価の下落により、担保不足となり、
巨大な借入が残り、転落の始まりとなった。
その間「オサダ」「寿屋」など地場大手が次々と姿を消し、
そのきっかけとなった、ダイエーも姿を消し、イオンの今後も順風万帆とはいかないようだ。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM