「海難1890」(エルトゥール号遭難事件とイランイラク戦争)

1890年のトルコのエルトゥール号遭難事件とイランイラク戦争時のトルコによる日本人救出事件
は本当にいい話で、映画になればいいのにと、いつも思っていましたが
今回試写会に招待され兄と二人で行きました。
エルトゥール号の話は、8年前トルコに行った時トルコの人に聞いて初めて知りましたが、
トルコでは教科書にも出ている有名な話。
1890年トルコの軍艦エルトゥール号が遭難した時に、地元の和歌山県串本町という貧しい町民が
海に飛び込み69人を助けたとの話で、トルコは恩義に感じ、教科書にものりトルコの人はずっと親日国と
なつた。
それから95年たった1985年イランイラク戦争が始まった時多くの日本人がイランに取り残され日本大使館
が日航に救援機派遣要請するも危険だという理由で断り、イラクのフセインがイラン上空攻撃期限まで、
1時間となった時2機のトルコ航空機が日本人を救援し取り残されたトルコ人は陸路を非難したという話。
12月5日より上映されます。是非お勧めします。
トルコは今隣国のロシアと争い、日本は近くの中国韓国と仲良くできない。
本当に残念です。
もうひとつの親日国リトアニアについて、映画「杉原千畝」も是非見たいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM