「今後の金利環境」「補助金・助成金」「高齢者福祉」「改正労働法」

6月14、15日の二日間に受けた研修です。

本当は一つ一つ説明したいのですが、とりあえず、

ポイントだけ。

「今後の金利環境」・・世界の人口が今の73億人から30年で98億人と増加するのに日本の人口は1億2000万人

           から8300万人に。世界の日本人の割合が1.73%から0.74%となり円の価値も下がる。

           ゆえに、外貨にも目をむけよ。との内容。金利も現在の水没金利(マイナス金利から大幅には上がらない

           との事。主催の銀行と講師の野村証券の意向が強く感じましたが、参考にはなります。

「補助金・助成金」・・経済産業省の補助金や厚生労働省の助成金についての説明。

           ものづくり補助金、キャリアアップ助成金の説明で、どちらも条件が違い利用の難しさを感じた。

           実際にキャリアアップ助成金を取り扱いましたが、2年以上かかってやっとおりました。

           顧問先と助成金センターとのコミュニケーションが大事です。

「高齢者福祉」  ・・介護保険事業の概要と指定申請についての説明があり、福岡県保健医療介護保険課の説明が

           ありました。行政書士会主催でしたが、県の担当者が丁寧に説明があり、最後に介護保険に係る

           のは、社労士のみだと説明。沢山の行政書士の会場が微妙な空気になりました。

「改正労働法」  ・・毎年改正が行われ、われわれ社労士も、大変ですが、実務を行う会社の担当者や経営者はもっと

           もっと大変です。雇用保険に来年から65歳以上も加入義務となり、事務も変わります。

           仕事と介護の両立支援制度や改正個人情報保護法、改正男女雇用機会均等法について詳しい説明が

           ありました。

それぞれについて、詳しく解説を後日したいと思います。

         


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM